伊勢物語023)筒井筒

伊勢物語023)筒井筒
 昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、
  筒井筒井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに  
女、返し、
  くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき  
など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。
 さて、年ごろ経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、もろともにいふかひなくてあらむやはとて、河内の国高安の郡に、行き通ふ所いできにけり。さりけれど、このもとの女、悪しと思へるけしきもなくて、いだしやりければ、男、異心ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へ往ぬる顔にて見れば、この女、いとよう化粧じて、うちながめて、
  風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ  
とよみけるを聞きて、かぎりなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。
 まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づからいひがひ取りて、笥子のうつはものに盛りけるを見て、心うがりて行かずなりにけり。さりければ、かの女、大和の方を見やりて、
  君があたり見つつを居らむ生駒山雲な隠しそ雨は降るとも  
と言ひて見いだすに、からうじて、大和人「来む」と言へり。喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、
  君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る  
と言ひけれど、男住まずなりにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語023)筒井筒
 その昔、京都を離れて地方で生計を立てていた人の子供たちが、井戸のそばに出て遊んでいたのだけれど、成人する年齢になったので、男も、女も、お互い恥ずかしがっていたのだけれど、男の方はこの女をこそ妻にしようと思っていた。
女の方はこの男をこそ夫にしようと思い続け、親が他の男性との縁談を持ちかけても、聞き入れることもなく過ごしていた。
そうした中で、この隣家の男のところから、次のような歌が舞い込んできた。
  幼なじみとして一緒に遊んだ頃、あなたの家のあの丸い井戸の井桁と、自分の背丈を比べていたことを思い出します。もう大人になった私の背丈は、あの井桁の高さを越してしまったようですね、あなたにもずいぶん長い間お目にかからずにいるうちに  
これに対する女の返歌は、
  小さい頃、あなたと長さを比べていた私の髪の毛も、もう肩より長く伸びています。一人前の女としての髪上げの儀式をしたとしても、女としての我が身を捧げる相手には、あなた以外の誰が考えられるでしょう、私にはあなたしかいないのです  
などとお互いどうし言い交わして、とうとう念願通り、二人夫婦となったのであった。
 そうして年月が経つうちに、女の親が亡くなり、経済的後ろ盾もなくなってしまったので、二人一緒に貧乏なままでいるのはよくなかろうということで、河内の国の高安郡に、男が新たに通う女の家ができたのだった。
そんな事情になったのに、最初の妻だったこの女は、それをひどいことだと感じているような気配もなく、淡々と男を新しい女のもとへと送り出していたので、男は、この女には他の男への浮気心があるからこういう風にさばさばと自分を家から追い出しているのだろう、と疑心を抱き、河内の例の女の所へ行ってしまったかのような素振りをして、家の庭先に植えた草木の中に隠れて監視していたところ、この女は、たいそう綺麗に化粧した姿で、ぼんやりと遠くを見ながら、
  風が吹けば海の彼方に白波が立つ(白波「たつた」)、じゃないけれど、その「竜田山」を、あの人は一人、夜半に越えて行くのだろうか  
と詠んだのを聞いて、この上なく愛おしく感じて、男は河内の方へも行かなくなったのだった。
 そんな男が、時折例の高安に来てみると、女は、契りを結んだ当初こそ奥ゆかしい様子を装っていたけれども、今では気安く心を許して、御飯を食べるにも、召使いの手をわずらわすこともなく自分の手でしゃもじを取って御飯茶碗に盛る下品な様子を見て、うんざりした気分になって、男はこの女のもとに行かなくなってしまったのだった。
そういう状況だったので、この高安の女は、男がいる大和の方を見やって、
  あなたがいらっしゃるあたり、大和の生駒山を見ながら私の家で過ごすことにしましょう。たとえ雨降りでも、雲よ、山の姿を隠すのはやめておくれ  
と歌を詠んで外を眺めて過ごしているうちに、例の大和の男から「来ましょう」という便りがやっとのことで届いた。
高安の女は喜んで待っていたのだが、男の来訪もないまま待ちぼうけで過ごす折りが何度も重なったので、
  あなたが「来ましょう」と言いながら、毎夜毎夜来てはくれない日々が経ちましたので、もう当てにはしていないものの、恋しい想いだけは抱きながら過ごしている私です  
と言って送ったのだけれど、男のほうはこの高安の女とは没交渉になってしまったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========