伊勢物語024)梓弓

伊勢物語024)梓弓
 昔、男片田舎に住みけり。男、宮仕えしにとて、別れ惜しみて行きにけるままに、三年来ざりければ、待ちわびたりけるに、いとねむごろに言ひける人に、「今宵あはむ」と契りたりけるに、この男来たりけり。「この戸開け給へ」とたたきけれど、開けで、歌をなむよみて出だしたりける。
  梓弓年の三年をまちわびてただ今宵こそ新枕すれ  
と言ひ出だしたりければ、
  梓弓ま弓槻弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ  
と言ひて、往なむとしければ、女、
  梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを  
と言ひけれど、男、帰りにけり。女、いとかなしくて、後に立ちて追ひ行けど、え追ひつかで、清水のある所に伏しにけり。そこなりける岩に、指の血して書きつけける。
  あひ思はで離れぬる人をととどめかねわが身は今ぞ消え果てぬめる  
と書きて、そこにいたづらになりにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語024)梓弓
 その昔、一人の男が、京都から遠く離れた地方に住んでいた。
この男が、宮中に出仕するということで、女との別れを惜しみながら京都に行ってしまったまま、三年もの間訪れがなかったので、女は待ち侘びていたのだが、その間にも彼女に非常に熱心に求愛してきた男に対して、「今夜、あなたと契りを結びましょう」と約束した・・・そんなところへ、ちょうど例の男が来てしまった。
男は、女の家の戸を叩いて「この戸を開けてください」と言ったけれど、女は開けずに歌を声に出して詠んで聞かせた。
  あなたの来訪を待ち侘びてはや三年、待ちきれずに私は今夜、別の男性と初めて床を一緒にしているところです  
と詠んで聞かせたので、男は、
  梓弓だか真弓だか槻弓(=「つき」ゆみ)だか知らないけれど、いずれにせよまぁ、長い年月(=とし「つき」)かけて私があなたにそうしたように、深く相手を愛するがよい  
と言って、女の家を離れて行こうとしたところ、女は、
  梓弓を引く引かない、の話じゃないけれど、私の心は昔からあなたに引き寄せられていましたものを  
と言ったのだが、それでも例の男は帰ってしまった。
女はひどく悲しくて、家を出て、男の後を追って行ったけれど、追いつくことは出来ずに、清水の湧き出ている場所に倒れてしまった。
その場所にあった岩に、自分の指から流れ出る血で次のような歌を書き付けたのだった。
  相思相愛とは行かぬままに別れてしまったあの人を、私のそばに引き留めることも出来ぬままに、私の命は今まさに消え果ててしまうようです  
と書いて、その場で死に絶えてしまったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========