伊勢物語025)逢はで寝る夜

伊勢物語025)逢はで寝る夜
 昔、男ありけり。あはじともいはざりける女の、さすがなりけるがもとに、いひやりける。
  秋の野にささわけし朝の袖よりもあはで寝る夜ぞひぢまさりける  
色好みなる女、返し、
  みるめなきわが身をうらとしらねばやかれなで海人の足たゆく来る  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語025)逢はで寝る夜
 その昔、一人の男がいた。
「あなたとは親しく交わるつもりはありません」とはっきり拒絶したわけでもないけれど、それでもつれない態度を取り続けた女のもとに、この男は次のような歌を送ってやった。
  秋の野山に生い茂る笹の葉を掻き分けながら歩んだ後の朝の袖は、夜露でびしょ濡れになります・・・が、それにもまして、あなたと一緒に過ごすこともできずに寂しい独り寝をかこつ夜の私の袖は、悲恋の涙で一層ぐしょぐしょに濡れてしまったことですよ  
幾多の男に言い寄られて選り取り見取り状態の女からの返歌は、次のようなものだった。
  海末布も生えぬ(=「みるめなき」)浜辺だと知らないからでしょうか、疲れた無駄足運ぶ漁師の行列が絶えもせぬことです・・・いくら言い寄っても逢瀬の叶わぬ(=見る目なき)女だと知らないからでしょうか、無益な求愛行動を続ける男たちもまた、引っきりなしに私のもとにはやってくるのですよ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========