伊勢物語026)もろこし舟

伊勢物語026)もろこし舟
 昔、男、五条わたりなりける女を、え得ずなりにけることと、わびたりける人の返りごとに、
  思ほえず袖にみなとのさわぐかなもろこし船のよりしばかりに  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語026)もろこし舟
 その昔、一人の男が、「京都の五条のあたりに住む女をわがものにすることが出来ぬまま終わってしまった」と落胆していた人物への返事として、次のような歌を詠んだ。
  中国船が寄港したばっかりに港の波が騒ぐように、あなたから思わぬお話を聞かされたばかりに、私の袖にも涙がしきりに落ちることですよ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========