伊勢物語027)たらひのかげ

伊勢物語027)たらひのかげ
 昔、男、女のもとに一夜いきて、またもいかずなりにければ、女の手洗ふ所に、貫簀をうちやりて、たらひのかげに見えけるを、みづから、
  わればかりもの思ふ人はまたもあらじと思へば水の下もありけり  
とよむを、来ざりける男、立ち聞きて、
  水口にわれや見ゆらむかはづさへ水の下にてもろ声に鳴く  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語027)たらひのかげ
 その昔、一人の男が、ある女のもとを一晩訪れたきり、二度と通わなくなってしまった。さて、その女が、手洗い用に水を溜めたたらいを置いてある場所で、水を飛ばさぬようたらいの上に置く竹で編んだ簾を横へうっちゃったところ、水を浮かべたたらいの中に自らの姿が映ったのを見て、この女自身が、
  私ほど深く思い煩う人はこの世に二人といないだろう、と思っていたのに、ふと気付けばこのたらいの水の下にももう一人、いたのですねえ  
と歌を詠んだのを、二度と通わずにきた男が立ち聞きして、次の歌を詠んだ。
  水の注ぎ込む入口あたりに私の姿が見えるのでしょうか?カエルでさえも川の下流で声を合わせて鳴くというのに、あなたは私を置き去りにして、水面下で一人きり、思い煩って泣いているのでしょうか?  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========