伊勢物語029)花の賀

伊勢物語029)花の賀
 昔、春宮の女御の御方の花の賀に、召しあづけられたりけるに、
  花にあかぬ嘆きはいつもせしかども今日の今宵に似る時はなし  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語029)花の賀
 その昔、皇太子の奥方様の花見の宴に、お呼びがかかって参加させられた際に詠んだ歌が、これ。
  美しい花をいくら見ても見飽きないのに去らねばならぬ残念さは、毎度味わってきたことだけれども、本日のこの夜の宴ほど、終わりになるのが残念な思いをした時は他にありません  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========