伊勢物語031)よしや草葉よ

伊勢物語031)よしや草葉よ
 昔、宮のうちにて、ある御達の局の前を渡りけるに、なにのあたにか思ひけむ、「よしや草葉よならむさが見む」といふ。男、
  罪もなき人をうけへば忘れ草おのが上にぞ生ふといふなる  
といふを、ねたむ女もありけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語031)よしや草葉よ
 その昔、宮中で、とある上級の女官達の私室の前の廊下をある男が通り過ぎる際に、何を恨みに思ったのだろうか、中から女の声で「えぇぃ、もういいわ、草葉の陰(お墓の向こうのあの世)まで見届けて、どういう末路を辿ったか、その悪しき性格の行き着く先を、しっかり見物させてもらうから」と言うのが聞こえてきた。
これを聞いた男は次のような歌を返した。
  あなたには「ワスレグサ」の効用を用いて忘れてしまいたい嫌な相手でもいるのでしょうか。でも、悪いことをしてもいない相手を呪うようなことをすれば、あなたが人を忘れる効用よりも、誰か他の(あなたにとって大事な)人があなたを忘れる逆効果になって現われる、という話ですよ・・・私のように罪なき男を相手に、滅多な恨み言をぶつけるのは、やめておいたほうが身のためだと思いますがねぇ  
と言う男の発言を、「一本取られたわ」と悔しがる女もいた。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========