伊勢物語038)恋といふ

伊勢物語038)恋といふ
 昔、紀有常がりいきたるに、ありきて遅く来けるに、よみてやりける。
  君により思ひならひぬ世の中の人はこれをや恋といふらむ  
返し、
  ならはねば世の人ごとに何をかも恋とはいふと問ひしわれしも  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語038)恋といふ
 その昔、ある人(在原業平)が、紀有常の家を訪ねて行ったのだが、肝心の有常は外をうろつき歩いていて、時間が経ってからようやく帰宅した。その際に(業平が)詠んだ歌が、これ。
  お目当ての人にはなかなか会えずに待ちぼうけ・・・世の人はこういう気持ちを「恋」と言うのでしょうかねぇ、今回、私も、あなたのおかげで思い知りましたよ  
これに対する有常の返歌は、こうだった。
  おやまぁ・・・その種の事柄には不慣れなもので、「世の人々が皆さんどんな気持ちを恋と言うのでしょうか」と、その道の達人の誉れも高いあなた(業平)に質問したこともあるこの私(有常)だというのに、そうですか、今回は私が師匠であなたが教え子、というわけですか  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========