伊勢物語039)源至

伊勢物語039)源至
 昔、西院の帝と申すみかどおはしましけり。その帝のみこ、たかい子と申すいまそがりけり。そのみこ失せ給ひて、御葬の夜、その宮の隣なりける男、御はぶり見むとて、女車にあひ乗りて出でたりけり。いと久しう率て出で奉らず、うち泣きてやみぬべかりけるあひだに、天の下の色好み、源至といふ人、これももの見るに、この車を女車と見て、寄り来て、とかくなまめくあひだに、かの至、蛍をとりて、女の車に入れたりけるを、車なりける人、この蛍のともす火にや見ゆらむ、ともし消ちなむずるとて、乗れる男のよめる。
  出でていなばかぎりなるべしともし消ち年経ぬるかと泣く声を聞け  
かの至、返し、
  いとあはれ泣くぞ聞こゆるともし消ちきゆるものともわれは知らずな  
天の下の色好みにては、なほぞありける。
 至は順が祖父なり。みこの本意なし。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語039)源至
 その昔、西院の帝という天皇がいらっしゃった。
その天皇の皇女に「高子」という女性がいらっしゃった。
その皇女がお亡くなりになった葬儀の夜、皇女の隣に住んでいた男が、御葬儀のさまを見ようと思って、女性の乗る牛車に一緒に乗って出掛けたのだった。
しかし、肝心の皇女の亡骸を納めた車は、長時間お引き出しすることもないままだったので、お見送りもせずただ涙を流している間にも終わりになりそうに思われた・・・その時に、天下の好色家として知られた源至という人物、この人もまた見物人として来ていたのだが、彼が、この男の乗り合わせた車を「女が乗っている牛車だ」と思って、寄って来て、車の外から中の人に向かってあれこれ色っぽいことを言っている時、この至という男が蛍を捕まえて女車に入れたところ、車中にいた女性が「この蛍の放つ光で車中に私と男が二人一緒に乗っている様子が外に見えてしまうだろうから、灯火を早く消してしまいましょう」ということで、同乗した男が次のような歌を詠んだ。
  もし私がこの牛車の外に出て皇女へのお悔やみを申し上げたとしたら、その場でもう皇女とは永遠のお別れとなるに違いありません。それでは辛いから、灯火を消した車中の闇の中でもう何年も経ったかと思うほど延々と泣き続けているこの私の声だけで、哀悼の意を表することにします・・・ので、中を覗き見することは、しないでくださいね  
例の至の返歌は、次のようなものだった。
  なんともしみじみ泣くあなたの声が聞こえます。車中の灯火は消えたかもしれないけれど、しかし、私のあなたへの想いの火だけは、まだ消えたようには思われません  
天下に名を知られた好色家の歌にしては、なほざりな凡歌を詠んだものであった。
 源至は源順の祖父である。
(こんな色事の舞台にされてしまったのでは)皇女の葬儀本来の厳かさも何も、台無しである。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========