伊勢物語040)すける物思ひ

伊勢物語040)すける物思ひ
 昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり。さかしらする親ありて、思ひもぞつくとて、この女をほかへ追ひやらむとす。さこそいへ、まだ追ひやらず。人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。女もいやしければ、すまふ力なし。さる間に、思ひはまさりにまさる。にはかに、親、この女を追ひうつ。男、血の涙を流せども、とどむるよしなし。率て出でて往ぬ。男、泣く泣くよめる。
  いでていなばたれか別れのかたからむありしにまさる今日は悲しも  
とよみて、絶え入りにけり。親あわてにけり。なほ思ひてこそいひしか、いとかくもあらじと思ふに、真実に絶え入りにければ、まどひて願立てけり。今日の入りあひばかりに絶え入りて、またの日の戌の時ばかりになむ、からうじて生き出でたりける。
 昔の若人は、さるすける物思ひをなむしける。今の翁、まさにしなむや。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語040)すける物思ひ
 その昔、若い男が一人、なかなか悪くない女に恋をした。
それなのに、男の親がいらぬ干渉をして、こんな女に息子が恋心を抱いたら困るということで、この女(彼女は男の家の奉公人だった)をどこかよそへ追い出してしまおうと画策した。
しかしながら、実際にはまだ放逐せずにいた。
男の側としては、自分はまだ親元にあって独立していない身分だったので、強く出てこの女を引き留めるほどの心意気を発揮することもできない。
女の方も身分が低いので、奉公先である男の親が決めた事に逆らう力もない。
そうこうしている間にも、男と女の恋情はいよいよ強くなってくる。
そんな中、出し抜けに、男の親はこの女を追い出してしまった。
男は血の涙を流して悲しんだけれども、追い出される女を引き留める手段もない。
女を(男以外の誰かが)引き連れて家を出て行ってしまった。
男は泣く泣く次のような歌を詠んだ。
  自分から出て行ってしまったならば、人と別れるのもさほど難しくないだろうけれど、置き去りにされた今日の私は、今までのいつにもまして悲しくて仕方がない  
と詠んで、死んだようにぐったりと動かなくなってしまった。
親は慌てた。
男が女を想う気持ちを口に出して言ってはいても、まさかこれほどひどく思い詰めているはずもあるまいと思っていたのだが、本当に死んだような状態になってしまったので、親は戸惑って神仏に願掛けをした。
男は、その日の日没頃に気絶して、翌日の午後八時頃になってから辛うじて息を吹き返したのであった。
 その昔の若者たちは、このように異性に対して強烈な恋慕の情を催したのであった。
今の世の(年齢こそ若いが気質的には)老いたる人が、このような芸当をするだろうか、まさかするまい。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========