伊勢物語041)女はらから

伊勢物語041)女はらから
 昔、女はらから二人ありけり。一人はいやしき男の貧しき、一人はあてなる男もたりけり。いやしき男持たる、十二月のつごもりに、上の衣を洗ひて、手づから張りけり。心ざしはいたしけれど、さるいやしきわざも習はざりければ、上の衣の肩を張り破りてけり。せむかたもなくて、ただ泣きに泣きけり。これをかのあてなる男聞きて、いと心苦しかりければ、いと清らなる緑衫の上の衣を見出でてやるとて、
  紫の色こき時はめもはるに野なる草木ぞわかれざりける  
武蔵野の心なるべし。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語041)女はらから
 その昔、二人の姉妹がいた。
姉妹のうちの一人は身分が低くて貧乏な男、もう一人は高貴な身分の男を、それぞれ夫として持っていた。
身分の低い男の妻だった女は、陰暦十二月の末に、正装の上に羽織る上着を水洗いして、召使いもいないので自分自身の手で糊付けして張り伸ばした。
女は、誠心誠意頑張ってはみたものの、このような下賤の者がする仕事を習った経験もなかったので、上着の肩口の部分に糊付けしてぱんぱんと引っ張り伸ばす際に、布を破ってしまった。
どうしようもなくて、女はただひたすら泣いていた。
この事情を、もう一人の姉妹の夫である高貴な家柄の男が聞いて、ひどく気の毒に思ったので、「たいそう美麗な緑衫の上着をたまたま見つけましたので、お贈りします」という名目で、次のような歌を添えて送った。
  春の野山に濃い紫色で目にも遙かに咲いていた頃の若草たちは、まだどちらが姉でどちらが妹とも分かれることなく一緒にいましたものを、いまこうしてその一方が辛い目に遭っている時に、もう一方の花を手元で愛しい妻として可愛がっているこの私が、その姉妹の苦労を黙って見過ごすことなどできましょうか?  
武蔵野に咲く若紫の花の歌(『古今和歌集』十七・雑上・八六八)の趣向を踏まえたものであるらしい。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========