伊勢物語042)たが通ひ路

伊勢物語042)たが通ひ路
 昔、男、色好みと知る知る、女をあひ言へりけり。されど、にくくはたあらざりけり。しばしばいきけれど、なほいとうしろめたく、さりとて、いかではたえあるまじかりけり。なほはたえあらざりける仲なりければ、二日三日ばかりさはることありて、えいかでかくなむ、
  出でてこしあとだにいまだ変はらじをたが通ひ路と今はなるらむ  
ものうたがはしさによめるなりけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語042)たが通ひ路
 その昔、一人の男が、ある女と、彼女は様々な男達と浮き名を流す人気者だと知りながら、お互い愛の言葉を交わし合う関係になった。
他の男とも関係していると思うと癪な感じではあったが、しかし男にとっては憎からず思う女なのであった。
男はこの女のもとにしばしば通ったけれど、それでもなお自分以外の男も通っているのに違いないと思うと心穏やかではなかった。とはいえ、どうにも通わずにはいられないほど魅力的な女なのであった。
そうして、逢わずに我慢できるような仲ではなかったため、二~三日ほど、他の男が来ているらしい気配があって、女のもとに行くわけにも行かない日が続いた際に、この男が詠んだ歌がこれ。
  あなたの部屋を出て帰路についたこの私の足跡さえいまだに残っているであろうその地面が、今では一体どんな男の通い道になっているのでしょうか  
女の浮気が気がかりでしょうがない気持ちで詠んだ歌なのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========