伊勢物語043)死出の田長

伊勢物語043)死出の田長
 昔、賀陽の親王と申すみこおはしましけり。その親王、女を思し召して、いとかしこう恵みつかう給ひけるを、人なまめきてありけるを、我のみと思ひけるを、また人聞きつけて文やる。ほととぎすの形をかきて、
  ほととぎす汝が鳴く里のあまたあればなほうとまれぬ思ふものから  
といへり。この女、けしきをとりて、
  名のみ立つしでの田長は今朝ぞ鳴くいほりあまたとうとまれぬれば  
時は五月になむありける。男、返し、
  いほり多きしでの田をさはなほ頼むわが住む里に声し絶えずは  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語043)死出の田長
 その昔、賀陽の親王という皇子がいらっしゃった。
その親王が、一人の女性に恋心を抱いてそれはもう大事に御側近くで召し使っておられた。この女性に対し、ある男が色目を使う態度を取っていたが、彼女に目をかけた男は自分一人だけと思っていたのに、別の男が聞き付けて、彼女に手紙を送ったのだった。
ホトトギスの姿を絵に描いて、
  ああ、ホトトギスさん、あなたが美しい声で鳴くのは私のもとだけだろうと愛しく思っていたものを、ずいぶん色々な人のもとであなたは鳴いていたのですね。あなたを愛しく思う気持ちに変わりはないけれど、嫌だなぁという気分も禁じ得ぬ私です  
と言ってやった。
この女性は、男の言わんとする意味を察して、次のような歌を詠んだ。
  春の田植え時期を告げるかのように鳴くホトトギスの別名は「死出の田長」。そのホトトギスさん、ずいぶん多くの男性のおうち近くで鳴いているなどと悪い噂ばかり立っているようですけど、そんなことはないんですよ。でも、今朝は本当に泣いています・・・あなたにあらぬ疑いをかけられた悲しさに  
時節は旧暦の五月であった。
男の返歌は次のようなものであった。
  たとえこのホトトギスが多くの男性のもとで鳴く鳥だったとしても、それでも私は想いをかけ続けることでしょうよ、私のところでも鳴き続けてくれるのでありさえすれば  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========