伊勢物語044)馬のはなむけ

伊勢物語044)馬のはなむけ
 昔、県へゆく人に、むまのはなむけせむとて、呼びて、うとき人にしあらざりければ、家刀自さかづきささせて、女の装束かづけむとす。あるじの男、歌よみて裳の腰にゆひつけさす。
  出でてゆく君がためにとぬぎつればわれさへもなくなりぬべきかな  
この歌は、あるが中におもしろければ、心とどめてよまず、腹にあぢはひて。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語044)馬のはなむけ
 その昔、地方官として任地に赴任するべく京都を去って行く男に対し、ある男が旅立ちのお別れの挨拶をしようと思って自分の家に呼び寄せて、遠慮する必要もないほど親しい間柄だったので、饗応主は自分の妻にお酒のお酌をさせて、その妻が着ていた衣裳を贈答用に与えようとした。
饗応主の男は、妻に脱がせた衣裳の腰の部分に、次のような歌を詠んだ紙を縫い付けさせた。
  京の都を出て行くあなたのためにということで、私の妻が脱いでさしあげた「裳」じゃないけれど、そうして妻の「裳=着衣」が消えると同時に、私の「喪=良からぬこと」すらも消えるにちがいない、そんなめでたい贈り物です  
この和歌は、数ある歌の中でも特に剽軽系の歌なので、頭でじっくり考えて吟味するような感じではなく、お腹を抱えて笑うように味わってやるのがよい。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========