伊勢物語045)行く蛍

伊勢物語045)行く蛍
 昔、男ありけり。人のむすめのかしづく、いかでこの男にものいはむと思ひけり。うちいでむことかたくやありけむ、もの病みになりて、死ぬべき時に、「かくこそ思ひしか」といひけるを、親聞きつけて、泣く泣くつげたりければ、まどひ来たりけれど、死にければ、つれづれとこもりをりけり。時は六月のつごもり、いと暑きころほひに、宵は遊びをりて、夜ふけて、やや涼しき風吹きけり。蛍たかく飛びあがる。この男、見ふせりて、
  ゆくほたる雲の上までいぬべくは秋風吹くと雁につげこせ  
  暮れがたき夏のひぐらしながむればそのこととなくものぞ悲しき  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語045)行く蛍
 その昔、一人の男がいた。
ある人が大事に育てていた娘が、この男にどうにかして愛しい想いを伝えたいと願っていた。
が、はっきりと言い出し辛かったのだろうか、病気にかかってもうすぐ死ぬという間際に、「実は私、こんな想いを抱えていたんです」と娘が言ったのを親が聞き付けて、例の男に泣く泣く伝えたところ、男は、娘のところまで大慌てでやって来たのだが、肝心の娘は死んでしまったので、男としては今更どうしてやることもできず、手持ち無沙汰のまま、お悔やみの意を表して屋内にじっと閉じこもって居ることになった。
時節は旧暦六月の末、たいそう暑い頃合いで、宵のうちは管弦の調べを響かせながら、夜が更ける頃には少し涼しい風が吹いてきた。
その風に乗って、蛍が空高く舞い上がる。
男は、蛍の姿を眺めつつ、横になりながら、次のような歌を詠んだのだった。
  空行く蛍よ、もしお前が雲の上まで行くことがあるようなら、カリに伝言しておくれ、もう秋風が吹く季節になりましたよ、と  
  なかなか暮れない夏の日に、終日物思いに耽りながらぼんやりあたりを眺めていると、何がどうしてこう悲しいのか、はっきりとした理由もわからぬままに、何とも言えずもの悲しい  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========