伊勢物語047)大幣

伊勢物語047)大幣
 昔、男、ねむごろにいかでと思ふ女ありけり。されどこの男をあだなりと聞きて、つれなさのみまさりつついへる。
  大幣の引く手あまたになりぬれば思へどえこそ頼まざりつれ  
返し、男、
  大幣と名にこそ立てれ流れてもつひによる瀬はありといふものを  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語047)大幣
 その昔、一人の男に、どうにかして我がものにしたいと熱心に恋い慕っている女がいた。
だが、女の方では、この男が浮気者らしいとの噂を聞いて、男からの誘いにも薄情な態度ばかりが募って、こんな歌を詠んだのだった。
  お祓いに用いる大きな幣は、儀式の後で大勢の参加者に引き寄せられて穢れを払いますよね。その大幣じゃないけれど、引き手数多の恋の達人になってしまったあなたなので、愛しくは思うけど、私のことをしっかり愛してくれる男性だなどとは信じてもいない私なのですよ  
この歌への返歌として、男は次のように詠んだ。
  私が引き手あまたの「大幣」ですか・・・そういう噂が立ってはいても、最後の最後に寄り付く川岸は、どこかにあるというものでしょう?私にとってはあなたこそ、恋路の果ての終着点なのですよ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========