伊勢物語050)あだくらべ

伊勢物語050)あだくらべ
 昔、男ありけり。うらむる人をうらみて、
  鳥の子を十づつ十はかさぬとも思はぬひとを思ふものかは  
といへりければ、
  朝露は消えのこりてもありぬべしたれかこの世を頼みはつべき  
また、男、
  吹く風に去年の桜は散らずともあな頼みがた人の心は  
また、女、返し、
  ゆく水に数かくよるもはかなきは思はぬ人を思ふなりけり  
また、男、
  ゆく水とすぐるよはひと散る花といづれ待ててふことを聞くらむ  
あだくらべ、かたみにしける男女の、忍びありきしけることなるべし。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語050)あだくらべ
 その昔、一人の男がいた。
自分のことをつれない男だと恨み言を言う女性に向かって、男は彼女に逆に恨み言を歌ってみせて、
  鳥の卵十個を十層に重ねるような難儀な芸当をしたとても、好きでもない人を好きになったりするものですか  
と言ってよこしたので、女は次の歌を返した。
  草葉の上に置く夜露は、朝になっても消えずに残ることがあるかもしれません。けれども、頼りにならない男性の愛情に、最後まですがり続けて生きていられる女なんて、どこにいるでしょうか  
これに対し、男はさらにまたこんな歌を詠んだ。
  去年咲いた桜が吹く風にもめげずに散り残るような奇跡があろうとも、あなたの心ばかりは、あぁ、何とも頼りにならないものですねぇ  
これに対しさらに女は次のような返歌を詠む。
  流れ行く川の水に手の指で数字を書いても空しいばかり。だけど、それよりもっと空しいのは、私を愛してくれない人を、愛してしまった私の心の空しさなのでした  
これに対し更に男はまた、こんな歌を詠んだ。
  流れ行く水、過ぎ去る年月、舞い散る花・・・そのうちのどれが、「待て」と言われて素直に待ってくれるだろうか?いずれをとっても、頃合いを過ぎれば消えてなくなる無常なるもの・・・恋心とて、同じものではないだろうか  
浮気心のつれなさを詠んでみせた歌の競い合い、それをお互い演じ合った男女が、人目を忍んで外のどこかで逢い引きした状況下での言葉らしい。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========