伊勢物語052)飾り粽

伊勢物語052)飾り粽
 昔、男ありけり。人のもとよりかざりちまきおこせたりける返りごとに、
  あやめ刈り君は沼にぞまどひけるわれは野に出でてかるぞわびしき  
とて、雉をなむやりける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語052)飾り粽
 その昔、一人の男がいた。
ある人のもとから飾りチマキを送って寄越したそのお礼の歌として、
  菖蒲を取るために沼地をあちこちさまよったあなただったのですねぇ。それに引き替え私は、あなたから遠く離れた野原に出ていたのが残念なことです。あなたを「離る(かる)」失礼をお詫びするために、鳥を「狩る(かる)」ということで、これをお贈りします  
ということで、キジを送ったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========