伊勢物語058)鬼のすだく

伊勢物語058)鬼のすだく
 昔、心つきて色好みなる男、長岡といふ所に家つくりてをりけり。そこのとなりなりける宮ばらに、こともなき女どもの、ゐなかなりければ、田刈らむとて、この男のあるを見て、「いみじのすき者のしわざや」とて、集まりて入り来ければ、この男、逃げて奥にかくれにければ、女、
  荒れにけりあはれいく世の宿なれや住みけむ人の訪れもせぬ  
といひて、この宮に集まり来ゐてありければ、この男、
  葎生ひて荒れたる宿のうれたきはかりにも鬼のすだくなりけり  
とてなむいだしたりける。この女ども、「穂拾はむ」といひければ、
  うちわびて落穂拾ふと聞かませば我も田づらにゆかましものを  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語058)鬼のすだく
 その昔、一人の男がいて、男女の情趣もわかるくらいの分別が付いた年齢になると、多くの女性と浮き名を流すようになっていたのだが、この男が長岡という地に家を作ってそこに滞在していた。
その家の隣家には皇室関係の女性たちが居て、その人たちに仕えていた取り立ててどうということもない奉公人の女たちが、田舎のこととて、この男が田を刈ろうということで野に出た時、彼を見て「大変な風流人がこんなことをしている」と言っては、大挙して男のいる田へと入って来たので、この男は家の奥へと隠れるように逃げ込んでしまった。これを見て女の一人は、
  この家屋は、もはや荒れ果ててしまったのですねぇ、かつては何世代の人々が住んだのか知りませんが、今では誰一人訪れることもないなんて  
と言っては、この皇族関係者の家に集まって来て居座っていたので、この男は、
  草ぼうぼうの荒れ果てた宿の何が嫌と言って、人ならともかく、かりそめにも鬼ども(みたいに醜悪な姿の女たち)が集まって来るだなんて、あぁ、おぞましい  
と歌を詠んで聞かせてやった。
するとこの女たちは、「野に出て落ち穂拾いをいたしましょう」と言って男を誘ったのだが、これに対する男の歌は次のようなものだった。
  経済的困窮の果てに落ち穂拾いをするのだ、という話でも聞かされたならば、私とて田畑に行くでしょうけど、あなた方は皇室関係の高貴な女性たちの奉公人だから、それはないでしょう?そんな人達の見え透いた口実に乗って出て行くほど私は愚かではないし、あなた方みたいな取り柄もない田舎女のお誘いに乗ってあげるほど私は物好きでもありませんよ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========