伊勢物語059)東山

伊勢物語059)東山
 昔、男、京をいかが思ひけむ、東山にすまむと思ひ入りて、
  住みわびぬ今はかぎりと山里に身をかくすべき宿もとめてむ  
 かくて、ものいたく病みて、死に入りたりければ、おもてに水そそきなどして、生きいでて、
  わが上に露ぞ置くなる天の河門わたる船のかいのしづくか  
となむいひて、生きいでたりける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語059)東山
 その昔、一人の男が、京の都を疎んじる気持ちでもあったのだろうか、人里離れた東山に住もうと思い詰めて、次のような歌を残して山に入ってしまった。
  落ちぶれてもう京都住まいは出来なくなってしまいました。もはやこれまでと思い、山里に、我が身を隠す住み家を求めようと思います  
 そうしてこの男は、とある病気がひどく重くなり、死んだような状態になってしまったのだが、その時、顔に水が降り注いだりして、息を吹き返して、
  私の身の上に露が降りたようだ。これは天の川の門を渡る船を漕ぐ櫓からほとばしった水滴だろうか  
と言って、死の淵から蘇生したのであった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========