伊勢物語060)花橘

伊勢物語060)花橘
 昔、男ありけり。宮仕へ忙しく、心もまめならざりけるほどの家刀自、まめに思はむといふ人につきて、人の国へ往にけり。この男、宇佐の使にて行きけるに、ある国の祗承の官人の妻にてなむあると聞きて、「女あるじにかはらけとらせよ。さらずは飲まじ」といひければ、かはらけとりて出だしたりけるに、さかななりける橘をとりて、
  五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする  
と言ひけるにぞ思ひ出でて、尼になりて山に入りてぞありける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語060)花橘
 その昔、一人の男がいた。
宮中での勤務が多忙で、家に居る妻に対しては深い愛情も注ぐことなしにいたのだが、彼女は、「誠実にお慕いします」と言い寄って来た別の男について行って、他国へ去ってしまったのだった。
その後、この宮仕えの男が、宇佐八幡宮への特使として旅に出た時、かつての自分の妻が、とある国の勅使接待役の地方官の妻となっているという話を聞いて、「接待役の女主人に杯を持たせるがよい。彼女に酒を注いでやってから私も飲む。女主人が杯を取らぬ限り、私も飲まぬ」と言ったので、女が杯を取って差し出したところ、男は、酒の肴に置いてあった橘の花を手に取って、歌を詠んだ。
  陰暦五月の頃になると咲く橘の花、その香りには、昔関係があった女性の袖の匂いがする  
とこの男が言ったのをきっかけに、この男がかつての自分の夫であることを思い出して、女は俗世を捨てて尼になって山に入って暮らしたのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========