伊勢物語061)染河

伊勢物語061)染河
 昔、男、筑紫までいきたりけるに、「これは色好むといふすき者」と、簾のうちなる人のいひけるを聞きて、
  染河を渡らむ人のいかでかは色になるてふことのなからむ  
女、返し、
  名にしおはばあだにぞあるべきたはれ島浪のぬれぎぬ着るといふなり  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語061)染河
 その昔、一人の男が筑紫の国まで行った時、宿の中の簾の向こうにいる女性が「ここにいるのは世間で色好みと評判の、女好きの男性なんですって」と言ったのを聞いて、こんな歌を詠んだ。
  九州は太宰府近くの「染河」を渡るつもりなら、その川の色に染まった人が「色付き」にならずに済むはずもないでしょう  
これに対する女の返歌は次のようなものだった。
  もし世間での噂通りなら、「たはれ島」(誰、あれ?)は浮気者に違いないわ。そこに寄る波は、もてあそばれた末に涙に濡れた袖を着るとか、世間に変な噂を立てられて泣き濡れるとか、そういう話だわ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========