伊勢物語062)いにしへのにほひ

伊勢物語062)いにしへのにほひ
 昔、年ごろおとづれざりける女、心かしこくやあらざりけむ、はかなき人の言につきて、人の国なりける人に使はれて、もと見し人の前にいで来て、もの食はせなどしけり。夜さり、「このありつる人たまへ」とあるじにいひければ、おこせたりけり。男、「われをば知らずや」とて、
  いにしへのにほひはいづら桜花こけるからともなりにけるかな  
といふを、いとはづかしと思ひて、いらへもせでゐたるを、「などいらへもせぬ」といへば、「涙のこぼるるに目も見えず、ものもいはれず」といふ。
  これやこのわれにあふみをのがれつつ年月経れどまさり顔なき  
といひて、衣ぬぎてとらせけれど、捨てて逃げにけり。いづちいぬらむとも知らず。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語062)いにしへのにほひ
 その昔、ある男がかつて恋人だった女のもとを数年間訪れずにいたところ、あまり賢明な女ではなかったということだろうか、他の男から当てにならない言葉をかけられたのをきっかけに、よその国にいる人の元で召し使いのように働く身へと落ちぶれてしまった・・・そんな彼女の元に、かつての恋人だった男がやって来た。彼女は男の眼前に出て、食事の給仕などの世話をした。
夜が来て、男が「さっき食事の時にいた女性を、ここへ呼んでくれ」と主人に言ったところ、主人は例の女を男の部屋へ寄越した。
男は、「この私を覚えていないのか」との問い掛けの意味を込めて、
  遠い昔の色香は今どこに行ってしまったのだろう。あの美しかった桜の花は、花びらを落としてただの木の幹だけになってしまったものだなあ  
と歌を詠んだのだが、女の方はひどく恥をかいた思いで返答もせずにじっと座っているのを、男は「なんで返事もしないのだ」と言ったところ、女は「涙がこぼれて目も見えず、言葉も口にすることができません」と言った。
  おお何となんとここにいるのはかつての我が妻、私と愛し合う身をかなぐり捨てて去ってから、ずいぶん年月は経ったけれど、あの頃より今のほうが幸せ、というような顔もしていないことだなあ  
と言って、男は自分が着ていた衣服を脱いで褒美として女に与えたけれど、女はその衣を捨てて逃げ去ってしまったのだった。
どこへ消え去ってしまったものか、女の行方はわからない。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========