伊勢物語063)つくも髪

伊勢物語063)つくも髪
 昔、世心つける女、いかで心なさけあらむをとこにあひえてしがなと思へど、言ひ出でむもたよりなさに、まことならぬ夢語りをす。子三人を呼びて、かたりけり。二人の子は、なさけなくいらへて止みぬ。三郎なりける子なむ、「よき御男ぞいでこむ」とあはするに、この女、気色いとよし。こと人はいとなさけなし。いかでこの在五中将にあはせてしがなと思ふ心あり。狩しありけるにいきあひて、道にて馬の口をとりて、「かうかうなむ思ふ」といひければ、あはれがりて、来て寝にけり。さてのち、をとこ見えざりければ、女、をとこの家にいきてかいまみけるを、をとこほのかに見て、
  ももとせにひととせたらぬつくも髪我を恋ふらし面影に見ゆ  
とて出でたつ気色を見て、むばら、からたちにかかりて、家に来てうちふせり。をとこ、かの女のせしやうに、忍びて立てりて見れば、女なげきて、寝とて、
  さむしろに衣かたしきこよひもや恋しき人にあはでのみ寝む  
とよみけるを、をとこ、あはれと思ひて、その夜は寝にけり。世の中の例として、思ふをば思ひ、思はぬをば思はぬものを、この人は、思ふをも、思はぬをも、けぢめ見せぬ心なむありける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語063)つくも髪
 その昔、ある女が、色恋に目覚めて、愛情の深い男と逢って恋人にしたいものだと思ったのだけれど、その願望を口に出して言おうにも適当な口実がなかったので、実際には見たわけでもない夢の話にかこつけて口に出したのだった。
三人いる自分の子を呼び出して、例の話を夢にかこつけて女は語った。
子のうちの二人は、母親の語るニセ夢物語にも、素っ気ない受け答えをしただけでそれっきりであった。
三男の子だけは違って、「そんな夢を見たのなら、きっと良い男性が現実に現れることでしょう」と夢解きをしてみせたところ、この女は大変機嫌が良かった。
この三男は思った。「世の中の男性たちの中でも、他の人々は大変薄情だ。
どうにかして、この在五中将(在原業平)と、母親が、関係を結べるようにしてあげたいものだ」
三男は、業平が狩りをしていたのに出くわし、道行く途中で、業平が乗る馬の口を取ってこれを引き留め、「私はこのように願っています」と言ったところ、業平は気の毒に思って、女の家に来て彼女と肉体関係を結んだのだった。
そうした体験を経て後、業平はもう女の所へは来なくなったので、女のほうで業平の家へと行ってみた。その女が垣根の外から覗き見しているのを、業平がちらりと見て、
  百歳に一歳足りぬ九十九歳、みたいに見える老女の髪が、この私のことを恋しく思っているらしい。実体はここにはないはずなのに、何故かその幻の姿だけがちらちらと見えていることだよ  
と歌を詠んで、家の中から出て来る気配を見せたので、これを見た女は、植えてある茨や枸橘のトゲに衣を引っ掛けながら慌てて逃げ出し、自分の家に帰って横になってしまった。
業平の方は、例の女が自分の家の外でしたように、女の家の外まで密かにやって来て垣根越しに立って見たところ、女は嘆き悲しみ、寝てしまおうとして、
  粗末な衣を枕代わりに敷いたその上に、今夜は、恋しい人に逢わずに一人寂しく寝る、ということになるのだろうか  
と詠んだのを、業平は可哀想に思って、その夜はこの女と一緒に寝たのだった。
世の常として、恋しく思う相手は慕うけれど、好きでもない相手は何とも思わぬものなのに、この業平という人は、自分が愛する女性をも、好きなわけでもない女性をも、分け隔てなく相手にしてあげる情けを持った男なのであった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========