伊勢物語065)在原なりける男

伊勢物語065)在原なりける男
 昔、おほやけ思して使う給ふ女の、色ゆるされたるありけり。大御息所とていますがりけるいとこなりけり。殿上にさぶらひける在原なりける男の、まだいと若かりけるを、この女あひしりたりけり。男、女方ゆるされたりければ、女のある所に来てむかひをりければ、女、「いとかたはなり。身も亡びなむ。かくなせそ」といひければ、
  思ふには忍ぶることぞまけにけるあふにしかへばさもあらばあれ  
といひて、曹司におり給へれば、例の、この御曹子には、人の見るをも知らでのぼりゐければ、この女、思ひわびて里へゆく。されば、何のよきことと思ひて、いきかよひければ、みな人聞きて笑ひけり。つとめて、主殿司の見るに、沓はとりて、奥に投げ入れてのぼりぬ。
 かくかたはにしつつありわたるに、身もいたづらになりぬべければ、つひに亡びぬべしとて、この男、「いかにせむ、わがかかる心やめ給へ」と、仏、神にも申しけれど、いやまさりにのみおぼえつつ、なほわりなく恋しうのみおぼえければ、陰陽師、巫よびて、恋せじといふ祓への具してなむいきける。祓へけるままに、いとどかなしきこと数まさりて、ありしよりけに恋しくのみおぼえければ、
  恋せじとみたらし河にせしみそぎ神はうけずもなりにけるかな  
といひてなむいにける。
 この帝は、顔かたちよくおはしまして、仏の御名を御心に入れて、御声はいと尊くて申したまふを聞きて、女はいたう泣きけり。「かかる君に仕うまつらで、宿世つたなく、悲しきこと、この男にほだされて」とてなむ泣きける。かかるほどに、帝聞こしめしつけて、この男をば流してしてつかはしてければ、この女のいとこの御息所、女をばまかでさせて、蔵にこめてしをり給うければ、蔵にこもりて泣く。
  あまの刈る藻にすむ虫のわれからと音にこそ泣かめ世をば恨みじ  
と泣きをれば、この男、人の国より夜ごとに来つつ、笛いとおもしろく吹きて、声はをかしうてぞ、あはれにうたひける。かかれば、この女は蔵にこもりながら、それにぞあなるとは聞けど、あひ見るべきにもあらでなむありける。
  さりともと思ふらむこそ悲しけれあるにもあらぬ身を知らずして  
と思ひをり。男は、女しあはねば、かくしありきつつ、人の国にありきて、かくうたふ。
  いたづらにゆきては来ぬるものゆゑに見まくほしさにいざなはれつつ  
 水の尾の御時なるべし。大御息所も染殿の后なり。五条の后とも。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語065)在原なりける男
 その昔、天皇陛下(清和天皇)が御寵愛して身近に置かれていた女性で、宮中で通常許されぬ色の衣裳を身につけること(禁色)を許された女性がいた。
天皇陛下の御生母たる大御息所(染殿の后=藤原明子)の従姉妹の女性(藤原高子=二条の后)であった。
この女性が、宮中の清涼殿の殿上の間に仕えていた、在原姓でまだごく年少だった男(在原業平)と、情を交わしたのであった。
この男は、年少ゆえに、本来男子禁制の女性だけの場所への出入りを許されていたので、例の女性のいる所にやって来て彼女と対面して座っていたところ、女は「これは大変異常な振る舞いです。
身を滅ぼすことになります。
こんなことはやめてください」と言ったので、男は、
  あなたをお慕いする気持ちに、我慢する気持ちが負けてしまいました。あなたとの逢瀬が叶うのであれば、身を滅ぼすことになっても、えぇいそんなのどうでもいい、なるようになれ、という気持ちの私なのです  
などという歌を詠んだ。女性が宮中の個室に居られる時には、毎度毎度、他の人々が見ているのも知らないで男はこの女性の個室に入って座っていたので、彼女は困ったことだと思い詰め、宮中を退去して自分の実家へ行ってしまった。
するとこの男は、これは好都合だと思って、彼女の実家に通って行ったので、実家にいた人々は全員、この事情を聞いて笑うのだった。
そうして女のもとに通って一晩過ごした次の早朝には、宮中の雑用係が見ているので、靴を脱いで奥の部屋に投げ入れてから殿上の間に昇り込んで、なに食わぬ顔をしていた。
 こんな異様なことをしながらずっと逢瀬を続けているうちに、自分はいずれ命を落としてしまうに違いない、最後には破滅するに違いないと思ったので、この男は、「どうしよう、私のこんな気持ち、どうぞ治してください」と神仏にも願ったのだけれど、気持ちはますます強まって、なおもどうしようもなく恋しく思ったので、陰陽師や巫女を招請した。「恋愛はしない」というお祓いの道具を携えて行ったのである。
しかし、お祓いはしたものの、ますます愛情が募る場面が増えて行き、以前にも増して恋しいとばかり思うようになってしまったので、
  恋などしない、と御手洗川に身を浸して禊ぎをしてはみたものの、そんな私の誓いを、神は受け入れてもくれなかったようです  
と言って、お祓いの場から退散してしまった。
 この(清和)天皇は、御容貌が美しく、大変貴いお声でもって仏の御名を唱えられるのを聞いて、例の女はひどく泣くのだった。
「こんな素晴らしい御主君に我が身を捧げることもせず、前世からの悪い因縁を引きずって、何と悲しいことでしょうか、私ったら、あんな男の求愛に引きずられて」と言って泣いたのだった。
そんなことをしているうちに、天皇がこの女と業平の噂をお聞きになって、男を京都の外へと流罪にしてしまったので、女の従姉妹の御息所は、彼女を宮中から退出させ、土蔵に監禁して罰を与えたので、女は蔵の中に籠もって泣いた。
  漁師の刈る海藻に住む「割れ殻」という虫、じゃないけれど、私がこんなひどい目に遭うのも「我から」、自分自身の前世からの因縁が招いた自業自得だから、声を上げて泣いてはいても、世の中も、あの人との恋愛関係も、恨むつもりはありません  
と歌を詠んで泣いていたところ、この業平は、他国から夜ごとやって来ては、笛をたいそう趣深い音色で吹き、心引かれる声で歌うのであった。
男がそうしたことをするので、この女は、土蔵に籠もっていながらも、例の男がそうしているらしいとは聞いたものの、お互い生身で逢うことはできぬまま過ごしていた。
  今は駄目でも、いずれ逢えるのでは、と期待しているのでしょうね、あの人は。悲しいことだわ、生きているとも言えぬような私のこの惨めな身の上も知らないで  
と嘆いていた。
男の方は、例の女性が自分に逢ってくれないので、こんな風にして歩き回りつつ、他国に漫遊しては、次のような歌を詠んだ。
  行っては帰る、の繰り返しを無為に重ねているばかりとはいえ、この目で見たい思いの強さに誘われて、何度もあの人のところへ行ってしまう私なのです  
 水の尾の帝(清和天皇)の御時世の出来事のようである。
大御息所というのは染殿の后(藤原明子)である。
あるいはまた五条の后(藤原順子)とも言われている。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========