伊勢物語066)難波津

伊勢物語066)難波津
 昔、男、津の国にしる所ありけるに、あにおとと友だちひきゐて、難波の方にいきけり。渚を見れば、船どものあるを見て、
  難波津を今朝こそみつの浦ごとにこれやこの世をうみ渡る船  
これをあはれがりて、人々帰りにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語066)難波津
 その昔、一人の男が、摂津の国に領地があったので、兄と弟と友人たちを引き連れて、難波方面に出向いて行ったのだった。
渚に船が何艘かあるのを見て、
  難波の港を、今朝はっきりとこの目で見ました。その港の入り江に見えるのは、おおそうか、これが大海原を渡る船か・・・苦しいことだらけの海のようなこの世を、辛い、嫌だ、と思いながらも渡って行く「倦み渡る」じゃないけど、「海渡る」船がいっぱい・・・そんな情景が目の前に広がっている  
この歌にしみじみとした感慨を催して、一行は京都に帰ったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========