伊勢物語067)花の林

伊勢物語067)花の林
 昔、男、逍遥しに、思ふどちかい連ねて、和泉の国へ二月ばかりに行きけり。河内の国、生駒の山を見れば、曇りみ晴れみ、立ちゐる雲やまず。朝より曇りて、昼晴れたり。雪いと白う木の末に降りたり。それを見て、かの行く人の中に、ただ一人よみける。
  きのふけふ雲の立ち舞ひかくろふは花の林を憂しとなりけり  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語067)花の林
 その昔、一人の男が、気晴らしのために、親交の深い仲間たちと連れ立って、陰暦の二月頃、和泉の国へ旅に出た。
河内の国にある生駒山を見ると、曇ったり晴れたりを繰り返し、山に掛かっている雲が晴れることがない。
朝から曇っていたかと思うと、昼間には晴れている。
木々の梢を雪が真っ白く染めていた。
その情景を見て、例の一行の中で、ただ一人立ち止まり、次のような歌を詠んだ者がいた。
  昨日、今日と、雲が絶えず立ち籠めては景色を隠していたのは、まるで真っ白い花が一面に咲く林のように降り積もった雪景色を、憂鬱なものと感じて隠そうとしていたものだったのだなあ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========