伊勢物語068)住吉の浜

伊勢物語068)住吉の浜
 昔、男、和泉の国へいきけり。住吉の郡、住吉の里、住吉の浜をゆくに、いとおもしろければ、おりゐつつゆく。ある人、「住吉の浜とよめ」といふ。
  雁鳴きて菊の花さく秋はあれど春のうみべにすみよしの浜  
とよめりければ、みな人々よまずなりにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語068)住吉の浜
 その昔、一人の男が和泉の国へ行った。
住吉の郡、住吉の里、住吉の浜を行った時、大変趣深かったので、道々、乗り物から降り立って眺めたりしながら行った。
一行のうちの一人が、「住吉の浜、という文字を入れて歌を詠め」と言う。
  四季の中には、カリが鳴き菊の花が咲く秋という素晴らしいやつもあるけれど、春の海辺に「住みよし」じゃないが、この住吉の浜辺はまた格別だ  
と男が詠んだので、その場に居合わせた他の人々はみんな、気後れして歌を詠まなくなってしまった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========