伊勢物語069)狩の使

伊勢物語069)狩の使
 昔、男ありけり。その男、伊勢の国に狩の使にいきけるに、かの伊勢の斎宮なりける人の親、「つねの使よりは、この人よくいたはれ」といひやれりければ、親の言なりければ、いとねむごろにいたはりけり。朝には狩にいだしたててやり、夕さりは帰りつつ、そこに来させけり。かくて、ねむごろにいたつきけり。二日といふ夜、男、「われて、あはむ」といふ。女もはた、いとあはじとも思へらず。されど、人目しげければ、えあはず。使ざねとある人なれば、遠くも宿さず、女の閨近くありければ、女、人をしづめて、子一つばかりに、男のもとに来たりけり。男はた寝られざりければ、外の方を見いだしてふせるに、月のおぼろなるに、小さき童をさきに立てて、人立てり。男いとうれしくて、わが寝る所に率て入りて、子一つより丑三つまであるに、まだ何ごとも語らはぬに帰りにけり。男いとかなしくて、寝ずなりにけり。つとめて、いぶかしけれど、わが人をやるべきにしあらねば、いと心もとなくて待ちをれば、明けはなれてしばしあるに、女のもとより、詞はなくて、
  君や来しわれやゆきけむおもほえず夢かうつつか寝てかさめてか  
男、いといたう泣きてよめる。
  かきくらす心の闇にまどひにき夢うつつとは今宵さだめよ  
とよみやりて、狩にいでぬ。野にありけれど、心はそらにて、今宵だに人しづめて、いととくあはむと思ふに、国の守、斎宮の頭かけたる、狩の使ありと聞きて、夜ひと夜、酒飲みしければ、もはらあひごともえせで、明けば尾張の国へたちなむとすれば、男も人知れず血の涙を流せど、えあはず。夜やうやう明けなむとするほどに、女がたよりいだす盃の皿に、歌を書きていだしたり。取りて見れば、
  かち人の渡れど濡れぬえにしあれば  
と書きて、末はなし。その盃の皿に、続松の炭して、歌の末を書きつく。
  またあふ坂の関はこえなむ  
とて、明くれば尾張の国へ越えにけり。斎宮は水の尾の御時、文徳天皇の御女、惟喬親王の妹。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語069)狩の使
 その昔、一人の男がいた。
その男は、鷹狩りの勅使として伊勢の国に行ったのだが、その伊勢の国に居た斎宮の親が、「通常の勅使以上に、この男性には懇ろにお仕えしなさい」と言ってやったところ、親の言いつけなので、斎宮はこの男に大変懇ろに奉仕したのであった。
朝には狩りへと送り出してやり、夕刻が来ると帰ってくる男を、自分の家に迎え入れたのであった。
こうして女は男に懇ろに奉仕していたのだった。
二日目の夜、この男が、「どうしてもあなたと二人きりで親密にお逢いしたい」と言ってきた。
斎宮の女もまた、男との逢瀬を拒絶するつもりもないのだった。
しかしながら、大勢の人の目があるので、二人だけの密会は叶わなかった。
この男は、勅使の中でも主賓格の人だったので、宿泊地も遠くなく、女の寝室近くに居たので、女は、人々が寝静まった午前零時頃に、男のもとにやって来たのだった。
男は、どうにも寝付けずにいたので、外の方を見ながら横になっていたところ、ぼんやりとした月明かりの下に、小さい子供に先導させて、あの女が立っている。
男はたいそう嬉しくなって、自分の寝所に女を連れ込んで、午前零時から午前二時頃まで一緒にいたのだが、親密な愛の言葉などまだ何一つ交わさぬうちに、女は帰ってしまったのだった。
男はたいそう悲しくて、眠れなくなってしまった。
翌朝、女のことが気懸かりだったけれど、自分の方から使いを送って様子を見させるわけにも行かなかったので、ひどく待ち遠しい思いで待っていたところ、夜が明けてしばらく経ってから、女の元から、歌に添える文言も何もないまま和歌だけが送られてきた。
  あなたが私のところへ来たのでしょうか、私があなたのところへ行ったのでしょうか、思い出せません、あれは夢だったのでしょうか、現実だったのでしょうか、寝ぼけていたのでしょうか、目覚めていたのでしょうか  
男は、ひどく泣きながらこんな歌を詠んだ。
  真っ暗闇に曇った心を抱えて、夕べは私も、二人の逢瀬が夢か現実か、わからずじまいでした・・・その確認は、今夜、あなた御自身の方で、どうぞお願いします  
という歌を詠んで送って、男は狩りに出掛けた。
野原に身を置いてはいても、男の心は上の空で、今夜は人々を寝入らせて、とにかく早くあの女との逢瀬を持とうと思っていた・・・のだけれど、国守と斎宮寮の長官を兼任する人物が、鷹狩りの勅使が来ていると聞いて、一晩中酒宴を催したので、男は例の女には全く逢うことも出来ず、夜が明けたら尾張の国へ出立することになっていたので、男の方でも密かに血涙を流す思いだったのだが、ついに女とは逢えずじまいであった。
夜も次第に明けようとする頃合いに、女の居る場所から差し出された杯の台皿に、女が和歌を書いて差し出した。
男がそれを手に取って見ると、
  徒歩で渡河して去って行く旅人が脚を濡らすこともないような浅い川みたいに、あなたの袖も悲しみの涙に濡れてはいないのでしょうね、それぐらい浅くはかない私達の御縁でしたから・・・  
とだけ上の句を書いて、下の句は書いていない。
男はその杯の台皿に、たいまつの燃え残りの炭を使って、歌の続きを書き付けた。
  また再びあなたに逢うための関所(逢坂の関)をきっと越えたいと思う私です  
と詠んで、翌朝には尾張の国へと越境して行った。
この斎宮は水の尾の帝(清和天皇)の御時世の、文徳天皇の皇女で、惟喬親王の妹である。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========