伊勢物語070)あまの釣舟

伊勢物語070)あまの釣舟
 昔、男、狩の使より帰り来けるに、大淀のわたりに宿りて、斎宮のわらはべにいひかけける。
  みるめかるかたやいづこぞ棹さしてわれに教へよあまの釣舟  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語070)あまの釣舟
 その昔、一人の男が、鷹狩りの勅使を務めて帰って来る際に、大淀の近辺に宿泊して、斎宮の使いを務める子供にこういう歌を詠んで聞かせた。
  海藻の「海末布(=みるめ)」を刈り取る浅瀬は何処にあるか、漁船を操る漁師よ、その棹を差して私に・・・愛しい斎宮に「見る目=お逢いできる運命」を我が身に引き寄せたく願うこの私に・・・是非とも教えておくれ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========