伊勢物語071)神のいがき

伊勢物語071)神のいがき
 昔、男、伊勢の斎宮に、内の御使にて参りければ、かの宮に、すきごといひける女、わたくしごとにて、
  ちはやぶる神のいがきも越えぬべし大宮人の見まくほしさに  
男、
  恋しくは来ても見よかしちはやぶる神のいさむる道ならなくに  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語071)神のいがき
 その昔、一人の男が、宮中からの使者として伊勢の斎宮に参上したところ、その斎宮に、男女の色恋の歌をよく詠む女がいて、公式の使者であるこの男に私信の形で次のような歌を詠んでよこした。
  いかめしき神々の神聖なる垣根も越えてしまいそうです、畏れ多くも宮中より派遣されたお方の姿を見たいばかりに  
これに対する男の返歌は次のようなものだった。
  恋しいというのなら来て見たらよいだろう。「恋路」というやつは、いかめしき神々が通い渡ることを禁ずる聖なる道でもないのだから  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========