伊勢物語076)小塩の山

伊勢物語076)小塩の山
 昔、二条の后の、まだ春宮の御息所と申しける時、氏神にまうで給ひけるに、近衛府に候ひけるおきな、人々の禄賜はるついでに、御車より賜はりて、よみて奉りける。
  大原や小塩の山も今日こそは神代のことも思ひいづらめ  
とて、心にもかなしとや思ひけむ、いかが思ひけむ、知らずかし。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語076)小塩の山
 その昔、「二条の后(藤原高子)」がまだ「春宮の御息所」と名乗っていた頃に、(藤原氏の)氏神(大原野神社)に参詣なさった際、宮中警護役の近衛府に伺候する老いたる男(在原業平)が、幾多の列席者たちが褒美を賜わる中で、特別に御息所御自身の車の中から手渡しで褒美を賜わり、次のような歌を詠んで差し上げた。
  大原の小塩の山も、今日ばかりは思い出していることでしょう、この地に祀られた藤原氏の祖先の遠い遠い昔の人々のことを(そしてあなたもまた、遠い昔の私達の関係を、思い出していることでしょう)  
こういう歌で、詠み手の老いたる男(業平)は、心の中で悲しいと思っていたのだろうか、めでたいことと祝っていたのだろうか・・・どういう思いだったかは、わからない。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========