伊勢物語077)春の別れ

伊勢物語077)春の別れ
 昔、田邑の帝と申す帝おはしましけり。その時の女御、多賀幾子と申す、みまそかりけり。それ失せ給ひて、安祥寺にてみわざしけり。人々ささげ物奉りけり。奉り集めたる物、千ささげばかりあり。そこばくのささげ物を木の枝につけて、堂の前に立てたれば、山もさらに堂の前に動きいでたるやうになむ見えける。それを、右大将にいまそがりける藤原常行と申すいまそかりて、講の終るほどに、歌よむ人々を召し集めて、今日のみわざを題にて、春の心ばへある歌奉らせ給ふ。右の馬の頭なりけるおきな、目はたがひながらよみける。
  山のみな移りて今日にあふことは春の別れをとふとなるべし  
とよみたりけるを、いま見れば、よくもあらざりけり。そのかみは、これやまさりけむ、あはれがりけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語077)春の別れ
 その昔、「田邑の帝(文徳天皇)」という帝がいらっしゃった。
その御治世の女御に「多賀幾子(たかきこ)」という名の女性がいらっしゃった。
その女御が御逝去し、安祥寺で法事が行なわれた。
参列者はお供え物をした。
捧げられた供物は一千ほどもあった。
そんなにも多くの供物を木の枝に付けて寺のお堂の前に立てておいたので、山が動き出してお堂の前に移動したかのように見えた。
そんな中、右大将の藤原常行という者がいて、講話の終わる頃合に、歌を詠む人々を集めて、当日の法要を御題にして春の趣向を込めた和歌を捧げさせた。
右の馬の頭の老人が、供物の山を本物の山と見間違えて、次のような歌を詠んだ。
  山がみんな移動して今日のこの法要の日を見たということは、春のお別れを弔う気持ちからそうした、ということに違いない  
と詠んだのだが、今この歌を見てみると、良い出来でもなかった。
その当時は、この歌が他の歌よりも良かったということだろうか、列席者はこの歌にしみじみと感動したのであった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========