伊勢物語078)色見えぬ心

伊勢物語078)色見えぬ心
 昔、多賀幾子と申す女御おはしましけり。失せ給ひて、七七日のみわざ、安祥寺にてしけり。右大将藤原の常行といふ人いまそかりけり。そのみわざにまうで給ひて、かへさに、山科の禅師の親王おはします、その山科の宮に、滝落し、水走らせなどして、おもしろく造られたるにまうで給ひて、「年ごろよそには仕うまつれど、近くはいまだ仕うまつらず。こよひはここにさぶらはむ」と申し給ふ。親王よろこび給うて、夜のおましのまうけさせ給ふ。さるに、かの大将いでたばかりのたまふやう、「宮仕への初めに、ただなほやはあるべき。三条の大御幸せし時、紀の国の千里の浜にありける、いとおもしろき石奉れりき。大御幸の後奉れりしかば、ある人の御曹司のまへの溝にすゑたりしを、島好み給ふ君なり、この石を奉らむ」とのたまひて、御随身、舎人して取りにつかはす。いくばくもなくて持てきぬ。この石、聞きしよりは見るはまされり。「これをただに奉らばすずろなるべし」とて、人々に歌よませ給ふ。右の馬頭なりける人のをなむ、青き苔をきざみて蒔絵のかたにこの歌をつけて、奉りける。
  あかねども岩にぞかふる色見えぬ心を見せむよしのなければ  
となむよめりける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語078)色見えぬ心
 その昔、「多賀幾子(たかきこ)」という女御がいらっしゃった。
その女性が逝去なさってから七十七日の法要を安祥寺で行なった。
右大将の藤原常行という人がおられた。
彼がその法要に参列した帰路、「山科の禅師の親王」という方がいらっしゃったのだが、山科にあるその親王のお住まいは、人工の滝を作って水を落とし、庭に川を作って水を走らせるなどして、趣深く造営した家だったが、そこに参上して、常行はこう言った。「長年、余所にお仕えしてはおりましても、親王の御側近くにはお仕えしたことがございませんでした。
今夜はこちらのお宅に身を置かせていただきましょう」。
これを聞いた親王は悦んで、この客人のために夜の寝所の用意などさせたのだった。
だが、その常行の大将が計略を巡らして言うには、「親王への御奉仕の手始めだというのに、何の趣向もなし、というのはいかがなものだろうか。
(清和天皇が)(常行の父の住む)三条邸にお出ましになった際、献上品として、紀の国の千里の浜にあった大変に趣深い石が、さる筋から贈られた。
天皇のお出ましの後に届いた献上品なので、ある人物の部屋の前の溝に据え置いた石だったが、こちらの親王は庭先に水を引き、水中には島を置く趣向を好まれるお方なので、この石を献上しましょう」と言って、お付きの者や雑用係にこの石を取りに行かせた。
ほどなくして彼らは石を持って来た。
この石の実際の様子は、話に聞くよりも素晴らしかった。
「この石をただ趣向もなしに献上するのはつまらないだろう」ということで、その場にいた人々に歌を詠ませた。
そうして詠まれた歌の数々のうち、右の馬頭だった人の詠んだ歌を取り上げて、青い苔を刻んだものを絵の具のようにして、この歌を蒔絵紋様に書き付けて、石を献上したのだった。
  親王を心より大事に思う私の心は、目に見える形で表わす手段がないので、この岩を(青い苔で書いた歌付きで)献上することで、私の奉仕の心の表明の代わりとさせていただきます(それでもまだ我が真心を表わすには十分ではないのですけれども)  
と詠んだのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========