伊勢物語079)貞数の親王

伊勢物語079)貞数の親王
 昔、氏のなかに親王生まれ給へりけり。御産屋に、人々、歌よみけり。御祖父がたなりける翁のよめる。
  わが門に千ひろあるかげを植ゑつれば夏冬たれかかくれざるべき  
 これは貞数の親王。時の人、中将の子となむいひける。兄の中納言行平のむすめの腹なり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語079)貞数の親王
 その昔、(在原氏の)一族の中から親王がご誕生になった。
その産屋で、一族の人々が歌を詠んだ。
祖父方の年老いた男性(在原業平)は次のような歌を詠んだ。
  我が一門にもこうして幅広く生い茂る木を植えたのだから、夏の日差しも冬の雪も、誰もがこの木陰に宿ることで、免れることだろう。我が一門はこの親王のお陰をこうむることができるであろう  
 この人物は「貞数の親王」である。
当時の人々は「中将(業平)の子」だと噂した。
業平の兄である中納言在原行平の娘が産んだ子であった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========