伊勢物語080)おとろへたる家

伊勢物語080)おとろへたる家
 昔、おとろへたる家に、藤の花植ゑたる人ありけり。三月のつごもりに、その日、雨そほふるに、人のもとへ折りて奉らすとてよめる。
  ぬれつつぞしひて折りつる年のうちに春はいく日もあらじと思へば  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語080)おとろへたる家
 その昔、社会的勢力が衰えてしまった家に、藤の花を植えた人がいた。
旧暦三月の末、そぼ降る雨の日に、この藤の花を折り取ってある人に献上しようということで、この人は次のような歌を詠んだ。
  雨に濡れながらですが、この藤の花(あなたの家門の藤原にちなむものです)を敢えて折り取ってしまいました。今年の春はもうあと何日もないだろうと思いましたので、その残り少ない春に花がまだ咲いているうちに、あなたに差し上げようと思ってのことです。去り行く春に似て、翳り行く我が家の勢いも、何とも寂しい限りなのですが(・・・あなたの御蔭をこうむることで、どうにかならないものでしょうか?)  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========