伊勢物語081)塩竃

伊勢物語081)塩竃
 昔、左のおほいまうちぎみいまそかりけり。賀茂川のほとりに、六条わたりに、家いとおもしろく造りて、住み給ひけり。神無月のつごもりがた、菊の花うつろひさかりなりに、もみぢのちぐさに見ゆるをり、親王たちおはしまさせて、夜ひと夜、酒飲みし遊びて夜明けもてゆくほどに、この殿のおもしろきをほむる歌よむ。そこにありけるかたゐおきな、板敷の下にはひありきて、人にみなよませはててよめる。
  塩竃にいつか来にけむ朝なぎに釣する舟はここによらなむ  
となむよみけるは、陸奥の国にいきたりけるに、あやしくおもしろき所々多かりけり。わが帝六十余国の中に、塩竃といふ所に似たる所なかりけり。さればなむ、かのおきな、さらにここをめでて、「塩竃にいつか来にけむ」とよめりける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語081)塩竃
 その昔、左大臣(源融)がいた。
この左大臣は、加茂川のほとりの六条あたりに、趣深い邸宅を造営して住んでいた。
陰暦十月の末頃、菊の花の色が移ろい行く最中に、様々な色の紅葉が見える頃合、親王達を自らの邸宅に御招待して、一晩中酒を飲んだり管弦の調べを楽しんだりして、夜が明けて行く頃合に、この邸宅の趣深さを讃える歌を詠んだ。
参集者が全員歌を詠み終えた後で、その場に居合わせた物乞いの老人が、屋敷の縁側の板の下へと這い寄って来て、次のような歌を詠んだ。
  この私は、いつの間に「塩竃」へ来てしまったのでしょうか?潮が穏やかな朝凪の時刻に漁に出る船もこの庭先に寄港する、ということに、きっとなるのでしょうね  
と詠んだ事情を解き明かすと・・・この老人がかつて東北地方に行ったところ、不思議な魅力を持った場所が多くあった。
しかしながら、帝の治める日本六十ケ国の中でも塩竃という場所に似た場所はどこにもなかった。
だからこそ例の老人は、殊更にこの左大臣の邸宅を賞賛して「自分はいつのまに塩竃へ来てしまったのだろう?」と詠んだのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========