伊勢物語082)渚の院

伊勢物語082)渚の院
 昔、惟喬の親王と申すみこおはしましけり。山崎のあなたに、水無瀬といふ所に、宮ありけり。年ごとの桜の花ざかりには、その宮へなむおはしましける。その時、右の馬の頭なりける人を、常に率ておはしましけり。時世経て久しくなりにければ、その人の名忘れにけり。狩はねむごろにもせで、酒をのみ飲みつつ、やまと歌にかかれりけり。いま狩する交野の渚の家、その院の桜、ことにおもしろし。その木のもとにおりゐて、枝を折りて、かざしにさして、かみ、なか、しも、みな歌よみけり。馬の頭なりける人のよめる。
  世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし  
となむよみたりける。またの人の歌、
  散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき  
とて、その木のもとは立ちてかへるに日暮になりぬ。御供なる人、酒をもたせて、野よりいで来たり。この酒を飲みてむとて、よき所を求めゆくに、天の河といふ所にいたりぬ。親王に馬の頭、大御酒まゐる。親王の宣ひける、「交野を狩りて、天の河のほとりにいたる、を題にて、歌詠みて盃はさせ」と宣うければ、かの馬の頭、よみて奉りける。
  狩りくらしたなばたつめに宿からむ天の河原にわれは来にけり  
親王、歌をかへすがへす誦じ給うて、返しえし給はず。紀の有常、御供に仕うまつれり。それが返し、
  ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ  
かへりて宮に入らせ給ひぬ。夜ふくるまで酒飲み、物語して、あるじの親王、酔ひて入り給ひなむとす。十一日の月もかくれなむとすれば、かの馬の頭のよめる。
  あかなくにまだきも月のかくるるか山の端逃げて入れずもあらなむ  
親王にかはり奉りて、紀の有常、
  おしなべて峰もたひらになりななむ山の端なくは月も入らじを  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語082)渚の院
 その昔、惟喬親王という親王がおられた。
山崎の向こうの水無瀬という場所に、そのお住まいがあった。
毎年桜の花盛りには、その邸宅へとお出ましになった。
その訪問の際には常に、右の馬の頭の人物を連れておいでになった。
その人物の具体的な名は、もう長い年月が経ってしまったので、今はわからない(・・・実は、在原業平)。
狩りはあまりせず、ただ酒宴ばかりして、和歌にかかりきりの生活をするのだった。
さて、今は鷹狩りの最中、交野という地の渚に構えた親王家の桜が、特に見応えがあった。
その桜木の下で乗り物から下りて休息し、桜の枝を折り取って、頭上に飾り、身分の上・中・下の者全員が和歌を詠んだ。
馬の頭だった人の詠んだ歌は次のようなものだった。
  もしこの世に桜がまったく存在しなければ、春の心持ちはのどかなものだろうに。桜花があるからこそ春はこんなにも(まだ咲かないのかとかもう散りそうだとか)心騒ぐものなのだ  
と詠んだのだった。
別のある人の歌は、
  桜の素晴らしさはすぐ散ってしまうからこそである。辛いことの多いこの世で、永遠に存在し続けるものなど何一つないのだから  
ということで、その桜木の下から立ち返る頃には日暮れ時になっていた。
一行が帰途についていると、野原の向こうから、御供の者が、従者に酒を持たせて現れた。
その酒を屋外で飲んでしまおう、ということで、どこか酒宴を張るに適当な場所を探して行くうちに、天の河という場所に着いた。
馬の頭の人は、親王にお酒を勧めた。
そこで親王がおっしゃるには、「交野で鷹狩りして天の河のほとりに至る、という御題で歌を詠んでから酒を杯に注ぐがよい」ということだったので、例の馬の頭は歌を詠んだ。
  日がな一日鷹狩りに明け暮れて、今私は「天の河原」にやって来た。遥かな大空の天の川に住む「たなばたつめ=織姫」に一夜の宿りを借りることにしようか  
親王は、この馬の頭の詠んだ歌を何度も何度も声に出して吟じられ、気の利いた返歌を付けようと頑張ってみたが、どうにも思い浮かばない。
この場には、紀有常が御供に控えていた。
この有常が詠んだ返歌は、次のようなものだった。
  織姫は、一年に一度だけ彼女を訪問する恋人を待っているのだから、「天の川」には地上の私達に宿を貸してくれる人もいないだろうと思いますよ  
遊興も終わって、親王は邸宅に入られた。
夜更けまで酒を飲み、物語をして、主人役の親王は酔って寝所にお入りになろうとしている。
十一日めの月も山の端に隠れようとしている頃合だったので、例の馬の頭はこんな歌を詠んだ。
  まだ飽き足りないのに、早くも月は隠れようというのか。山の端が逃げて、月を入れずにおいてくれたらよいのになあ  
この歌を受けて、親王に成り代わって、紀有常は次の返歌を詠んだ。
  大地のすべて、山の峰まで含めて、みんな平坦になってしまえばよいのになあ。山の端がなければ、月が隠れて見えなくなることもないだろうに  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========