伊勢物語083)小野の雪

伊勢物語083)小野の雪
 昔、水無瀬に通ひ給ひし惟喬の親王、例の、狩りしにおはします供に、馬の頭なる翁仕うまつれり。日ごろ経て、宮に帰り給うけり。御送りして、とく往なむと思ふに、大御酒給ひ、祿給はむとて、つかはさざりけり。この馬の頭、心もとながりて、
  枕とて草ひき結ぶこともせじ秋の夜とだに頼まれなくに  
とよみける。時は三月のつごもりなりけり。親王、大殿篭らで明かし給うてけり。
 かくしつつまうで仕うまつりけるを、思ひのほかに、御髪おろし給うてけり。正月に拝みたてまつらむとて、小野にまうでたるに、比叡の山のふもとなれば、雪いと高し。しひて御室にまうでて拝み奉るに、つれづれといともの悲しくておはしましければ、やや久しく候ひて、いにしへのことなど思ひ出で聞こえけり。さてもさぶらひてしがなと思へど、公事どもありければ、え候はで、夕暮れに帰るとて、
  忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや雪踏み分けて君を見むとは  
とてなむ、泣く泣く来にける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語083)小野の雪
 その昔、水無瀬に行くのを常となさっていた惟喬親王が例の如く鷹狩りに出掛けるお供に、馬の頭の老人(在原業平)が随行していた。
何日か経ってから、親王はお住まいに戻られた。
馬の頭の老人は、親王を院にお送りしてすぐ帰ろうと思っていたのだが、お酒を御馳走し御褒美も与えようということで、親王は老人を帰宅させなかった。
馬の頭の方では、早く帰りたい気分で、
  我が家以外の場所を寝所と定めて草を枕に引き結んで寝る、などということはするつもりもありません。秋の夜長みたいにいつまでも続くわけでもない春の夜なのですから  
と歌を詠んだ。
時節は旧暦三月末であった。
親王は、寝入ることもなく夜明かしなさった。
 こんな風に馬の頭が御側にお仕えしている中で、意外なことに、親王は剃髪して仏門に入ってしまわれたのであった。
馬の頭は、旧暦の一月に、出家した親王にお会いすべく小野に参上したのだが、比叡山の麓なので、雪がうずたかく積もっていた。
そんな中を苦労して親王のお部屋に参上してそのお顔を拝見したのだが、親王は所在なげでもの悲しい御様子だったので、馬の頭は少し長く御一緒して、昔の思い出話などをお聞かせした。
こうしてそのまま御側近くに居られたらいいのになあとは思ったが、公式行事などもあったので、御側についていることも出来ず、夕暮れ時には帰ることになり、
  悲しい現実をしばし忘れては、あれは夢だったのかと思ったりします。そもそも誰が想像したでしょうか、比叡山の麓の深い雪を踏み分けながら、このような場所であなたにお会いすることになろうなどとは  
という歌を詠んで、泣く泣く帰って来たのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========