伊勢物語084)とみの文

伊勢物語084)とみの文
 昔、男ありけり。身はいやしながら、母なむ宮なりける。その母、長崎といふ所に住み給ひけり。子は京に宮仕へしければ、まうづとしけれど、しばしばえまうでず。ひとつ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。さるに、十二月ばかりに、とみのこととて御文あり。驚きて見れば、歌あり。
  老いぬればさらぬ別れのありと言へばいよいよ見まくほしき君かな  
かの子、いたううち泣きてよめる。
  世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もと祈る人の子のため  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語084)とみの文
 その昔、一人の男がいた。
身分は低かったが、母親は皇室の出であった。
その母親は、長岡という場所に住まわれていた。
彼女の子は京都の宮中に出仕していたので、母親の元へ参上したいとは思っても、参上できぬことが多かった。
その上この子は一人っ子でもあったので、母親はたいそう可愛がっておられた。
そんな折り、陰暦十二月頃に、急な用件ということで母親からお手紙があった。
驚いて中を見ると、歌が詠まれていた。
  私も年老いてしまったので、人の世には避けられぬ死別があると言いますから、以前にもましてあなたの姿を見たい気持ちに駆られています  
これを見てその子は、ひどく泣きながらこう詠んだ。
  世の中に避けられぬ死別なんてなければいいのに。永遠に生きていてほしいと願う子供のためにも  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========