伊勢物語085)目離れせぬ雪

伊勢物語085)目離れせぬ雪
 昔、男ありけり。わらはより仕ふまつりける君、御髪おろし給うてけり。正月にはかならずまうでけり。おほやけの宮仕へしければ、つねにはえまうでず。されど、もとの心うしなはでまうでけるになむありける。昔仕うまつりし人、俗なる、禅師なる、あまた参り集まりて、正月なればことたつとて、大御酒給ひけり。雪こぼすがごと降りて、ひねもすにやまず。みな人酔ひて、雪に降りこめられたりといふを題にて、歌ありけり。
  思へども身をしわけねば目離れせぬ雪の積るぞわが心なる  
とよめりければ、親王、いといたうあはれがり給うて、御衣ぬぎて給へりけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語085)目離れせぬ雪
 その昔、一人の男がいた。
この男が、御幼少の頃からお仕えしていた貴人が、剃髪して出家なさってしまった。
この出家なさった元の御主君を、男は陰暦の一月には常にお訪ね申し上げていた。
男は宮中に出仕する身だったので、いつもいつも元の主君を訪ねることは叶わなかった。
しかしながら、訪問が叶う時には、昔お仕え申し上げていた当時の誠意を失うことなくお訪ねするのであった。
その元の御主君のもとに、かつてお仕え申し上げていた人々が、俗界にある者、禅師となっている者など、大勢参集して、正月なので事始めにということで、元の御主君はお酒を振る舞われた。雪は空からこぼれるように降って、終日降り止まなかった。
その座にあった人々はみな酒に酔い、雪に降り込められて屋外へは出られない、という御題で歌を詠んだ。
  あなたのことをお慕いしても、私の身体を二つに分けてそのうちの一つを御側近くに置いて離れずにいる、なんてわけにも行きません・・・ので、終わりなく降り積もりあなたのそばを離れぬ雪、私の足止めをしてこの場に繋ぎ止めてくれる雪は、私の気持ちの表われなのです  
と詠んだので、親王はたいへん感動なさって、着ていた衣を脱いで御褒美にお与えになったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========