伊勢物語086)忘れぬ人

伊勢物語086)忘れぬ人
 昔、いと若き男、若き女をあひいへりけり。おのおの親ありければ、つつみていひさしてやみにけり。年ごろ経て、女のもとに、なほ心ざし果たさむとや思ひけむ、男、歌をよみてやれりけり。
  いままでに忘れぬ人は世にもあらじおのがさまざま年の経ぬれば  
とてやみにけり。男も女も、あひはなれぬ宮仕へになむいでにける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語086)忘れぬ人
 その昔、年齢がずいぶんと若い男が、若い女と、お互いどうし愛の言葉を交わし合うようになった。
が、男も女もそれぞれの親がいたので、気兼ねして、恋しい思いを交わし合うこともなくなってしまった。
それから何年か経ってから、その女のもとに、今なお本懐を遂げようと思ってのことだろうか、例の男が歌を詠んで送った。
  それぞれに別々の人生を歩むようになって長年経ってしまったというのに、それでもなお相手のことを忘れずにいる人なんて、今までこの世に存在したためしはないでしょう。あなたとて、やはり私のことなど忘れてしまったことでしょうね  
という歌を送って、それっきりになってしまった。
この男も女も、お互いどうし目にし合う場所での宮仕えに出ていた関係だったのである。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========