伊勢物語087)布引の滝

伊勢物語087)布引の滝
 昔、男、津の国、莵原の郡、芦屋の里に、しるよしして、いきてすみけり。昔の歌に、
  芦の屋のなだのしほ焼きいとまなみつげの小櫛もささず来にけり  
とよみけるぞ、この里をよみける。ここをなむ芦やのなだとはいひける。この男、なま宮づかへしければ、それをたよりにて、衛府の佐ども集まり来にけり。この男のこのかみも衛府の督なりけり。その家の前の海のほとりに、遊びありきて、「いざ、この山かみにありといふ布引の滝見にのぼらむ」といひて、のぼり見るに、その滝、ものよりことなり。長さ二十丈、広さ五丈ばかりなる石のおもて、白絹に岩をつつめらむやうになむありける。さる滝のかみに、わらうだの大きさして、さしいでたる石あり。その石の上に走りかかる水は、小柑子、栗の大きさにてこぼれ落つ。そこなる人にみな滝の歌よます。さの衛府の督、まづよむ。
  わが世をば今日か明日かと待つかひの涙の滝といづれ高けむ  
あるじ、次によむ。
  ぬき乱る人こそあるらし白玉のまなくも散るか袖のせばきに  
とよめりければ、かたへの人、笑ふことにやありけむ、この歌にめでてやみにけり。
 帰り来る道遠くて、うせにし宮内卿もちよしが家の前来るに、日暮れぬ。やどりのかたを見れば、あまのいさり火多く見ゆるに、かのあるじの男よむ。
  晴るる夜の星か河辺の蛍かもわがすむかたのあまのたく火か  
とよみて、家に帰り来ぬ。その夜、南風吹きて、浪いと高し。つとめて、その家の女の子どもいでて、浮き海松の浪に寄せられたる拾ひて、家の内にもて来ぬ。女方より、その海松を高杯に盛りて、かしはをおほひていだしたる、柏に書けり。
  わたつみのかざしにさすといはふ藻も君がためにはをしまざりけり  
ゐなかの人の歌にては、あまれりや、たらずや。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語087)布引の滝
 その昔、一人の男が、津の国の莵原の郡の芦屋の里に、自分の荘園があるので、そこへ行って住んだ。
古い時代の歌の中に、
  芦屋の灘の塩焼き作業には途切れる暇がないので、黄楊の小櫛を髪に差すようなおしゃれ心もないままにあなたに逢いに来てしまった私なのでした  
と詠んだものがあるが、それはこの里を詠んだものである。
この地を芦屋の灘と呼んだのだった。
この男は、本式とは言えぬものの、一応宮中出仕者ではあったので、それを当てにして衛府の佐の連中が男のもとに集まって来ていた。
この男の兄もまた衛府の督なのだった。
彼の家の前の海辺を遊興して、「さあ、この山の上にあるという布引の滝を見るために山登りしてみよう」と言って登って見たところ、その滝は、常と異なる威容である。
長さは60メートル、幅は15メートルほどもある岩盤の表面に、白絹が岩肌を包んでいるような感じで水が流れていた。
そんな滝の上流に、円座の大きさの出っ張った石があった。
その石の上に流れかかる水の玉は、ミカンやクリの大きさでこぼれ落ちる。
その場に居合わせた人全員に、滝の歌を詠ませた。
例の衛府の督が最初に詠んだ。
  世に出ることの出来る日を、今日か明日かと待ち続ける日々を送っている私は、甲斐もない涙を滝のように流しているけれど、その涙の滝とこの滝と、どちらの水位が高いだろうか  
次に、主人役の男が歌を詠んだ。
  白玉の飾りを繋ぎ止める糸を抜き取って、玉をばらばらに散らしてしまう人がいるらしい。間断なく散る白玉のような水の滴が、袖も狭しと私の袂を濡らしているよ  
と詠んだところ、そばにいた人には、何かおかしい事情でもあったのだろうか、この歌にやんやと騒いで、歌は詠まずに終わってしまった。
 帰路の道は遠く、今は亡き宮内卿もちよしの家の前に来たところで、日が暮れてしまった。
自分の住む家の方角を見ると、漁師の漁り火が数多く見えるので、例の主人役の男が歌を詠む。
  あれは晴れた夜の空に輝く星だろうか、川辺にまたたく蛍の光だろうか、そんな錯覚を催すような、私の住み家のあたりの漁師の漁り火だなあ  
と詠みながら、家に帰って来た。
その夜は、南風が吹いて、波はとても高かった。
翌朝、その家にいる女の子たちが外へ出て、海中に浮かんだ海松(みる)が波で浜辺へ打ち寄せられたものを拾い集めて、家の中に持って来た。
例の男の妻の家から、そうした海松(みる)を高い一本足の食台にうずたかく盛って、柏の葉で覆って出してきたが、その柏の上に次のような歌が書いてあった。
  海の神様が髪飾りとして差すものとして神聖な扱いをする海藻も、あなたのためには惜しむことなく、海の神様は届けてくださいました  
田舎の人の歌としては、出来すぎの歌であろうか、不出来な歌であろうか。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========