伊勢物語090)桜花

伊勢物語090)桜花
 昔、つれなき人をいかでと思ひわたりければ、あはれとや思ひけむ、「さらば、あす、ものごしにても」といへりけるを、かぎりなくうれしく、またうたがはしかりければ、おもしろかりける桜につけて、
  桜花今日こそかくもにほふともあな頼みがた明日の夜のこと  
といふ心ばへもあるべし。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語090)桜花
 その昔、ある男が、薄情な女性をどうにかして我がものにしたいものだとずっと思っていたのだが、そんな男の一途さを可哀想だとでも思ったのだろうか、女が「それならば、明日、じかに対面はせずとも、何か物を挟んでの対話ぐらいなら、いたしましょう」と言ってきたので、男はこれをこの上なく嬉しく思ったが、同時にまた本当に逢ってくれるものかどうか疑わしくもあったので、趣深く咲いている桜の花に次のような歌を付けて女に送った。
  桜の花は、今日はこうも美しく咲いているけれど、明日の夜にはどうなることやら、なんとも頼りにならないものですねえ  
というような心情が男にはあったに違いない。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========