伊勢物語091)春のかぎり

伊勢物語091)春のかぎり
 昔、月日のゆくへをさへ嘆く男、三月のつごもりがたに、
  惜しめども春のかぎりの今日の日の夕暮にさへなりにけるかな  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語091)春のかぎり
 その昔、懐旧の念に駆られるあまり、月日の去り行く様さえ悲しく思っていた男が、旧暦三月の末頃に詠んだ歌がこれ。
  いくら惜しんでも春も今日一日限り、それなのにもう、一日の終わりの夕暮れ時になってしまったのだなあ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========