伊勢物語094)紅葉も花も

伊勢物語094)紅葉も花も
 昔、男ありけり。いかがありけむ、その男すまずなりにけり。のちに男ありけれど、子ある仲なりければ、こまかにこそあらねど、時々ものいひおこせり。女がたに、絵かく人なりければ、かきにやれりけるを、今の男のものすとて、一日二日おこせざりけり。かの男、「いとつらく、おのが聞こゆることをば、今までたまはねば、ことわりと思へど、なほ人をば恨みつべきものになむありける」とて、ろうじてよみてやれりける。時は秋になむありける。
  秋の夜は春日忘るるものなれや霞に霧や千重まさるらむ  
となむよめりける。女、返し、
  千々の秋ひとつの春にむかはめや紅葉も花もともにこそ散れ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語094)紅葉も花も
 その昔、男が一人いた。
どういう事情があったのか知らないが、その男が、恋仲だった女のもとを訪れなくなってしまった。
この女には、その後も別の男はいたけれど、前の男との間には子供ももうけた仲だったので、愛情こまやかというわけでこそなかったけれど、男は時々は手紙を寄越したりしていた。
この女は絵描きだったので、その家へと絵を描かせに使いをやったのだが、現在の愛人の男が来ているということで、一日か二日ほど女は返事も寄越さなかった。
例の前の男は、「ひどく辛い思いです。私がお願いした絵の方は今日に至るまで頂戴できぬままなので、(私たちの関係も薄らいだ今となっては)それも当然だろうとは思うけれど、それでもなおあなたを恨んでしまいそうな気分です」ということで、女をからかうような感じの歌を詠んで送った。
時節は秋のことであった。
  秋の夜には、かつての春の日々を忘れるものなのだろうか。春の名物の霞(=この私)より、秋の霧(=今の男)の方が千倍も優るのだろうか  
と男は詠んだ。
女の返歌は次のようなものだった。
  秋を千回重ねても、春一つに叶うことなどありましょうか。秋(=今の愛人)が春(=古い関係のあなた)に優るなんて、それはあなたの勘繰り過ぎというものです・・・ともあれ、秋の紅葉も春の桜花も、いずれも長続きせずに散ってしまうように、あなたがた殿方の愛情もまた、怪しいものですけどねえ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========