伊勢物語095)彦星

伊勢物語095)彦星
 昔、二条の后に仕うまつる男ありけり。女の仕うまつるを、つねに見かはして、よばひわたりけり。「いかでものごしに対面して、おぼつかなく思ひつめたること、すこしはるかさむ」といひければ、女、いと忍びて、ものごしにあひにけり。物語などして、男、
  彦星に恋はまさりぬ天の河へだつる関をいまはやめてよ  
この歌にめでてあひにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語095)彦星
 その昔、二条の后(藤原高子)にお仕えする男がいた。
そのお后にお仕えする一人の女性と、常日頃お互い顔を合わせていて、男は彼女に求愛し続けていた。
「お互いを隔てる物越しにでもいいからどうにかしてあなたと対面して、あなたとの逢瀬を待ち遠しく思い続けて張り詰めたこの私の想いを、少しでも晴らしたく思います」と男が言ってやったところ、女はひどく人目を忍んで、物越しに男と会ったのだった。
物語などをしながら、男はこんな歌を詠んだ。
  あなたを想う私の恋情は、織姫を慕う彦星のそれをも上回るほど激しいものになりました。織女星と牽牛星を隔てる天の川のようなこの関所めいた物越しの対面・・・どうかもう、この隔ての壁を、取り払ってください  
男のこの歌に心動かされて、女は男と親しく交わることになったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========