伊勢物語096)天の逆手

伊勢物語096)天の逆手
 昔、男ありけり。女をとかくいふこと月日経にけり。石木にしあらねば、心苦しとや思ひけむ、やうやうあはれと思ひけり。その頃、六月の望ばかりなりければ、女、身にかさ一つ二ついできにけり。女いひおこせたりける。「今はなにの心もなし。身にかさも一つ二ついでたり。時もいと暑し。少し秋風吹きたちなむ時、かならずあはむ」といへりけり。秋まつ頃ほひに、ここかしこより、その人のもとへいなむずなりとて、口舌いできけり。さりければ、女の兄、にはかに迎へ来たり。さればこの女、かへでの初紅葉をひろはせて、歌をよみて、書きつけておこせたり。
  秋かけていひしながらもあらなくに木の葉ふりしくえにこそありけれ  
と書きおきて、「かしこより人おこせば、これをやれ」とていぬ。さてやがてのち、つひに今日まで知らず。良くてやあらむ、悪しくてやあらむ、往にし所も知らず。かの男は、天の逆手を打ちてなむのろひをるなる。むくつけきこと、人ののろひごとは、おふものにやあらむ、おはぬものにやあらむ。「いまこそは見め」とぞいふなる。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語096)天の逆手
 その昔、一人の男がいた。
ある女性にあれこれと求愛し続けて長い月日が経っていた。
心通わぬ石のような女ではなかったから、相手の男を気の毒と思ったのだろうか、次第に愛情を抱くようになっていた。
時節は陰暦六月の十五夜の頃だったので、季節柄、女の肌におできが一つ二つほど浮かび上がった。
女は男に次のような手紙を送ってやった。
「今や私には、あなた以外の誰を思う異心もありません。
しかし、私の身体には、一つ二つ、できものも生じてしまいました。
ひどく暑い時節でもあります。
秋風も少し吹き始める頃になったら、きっとあなたとお逢いしたく思っています」と女は男に言ってやった。
秋が間近に迫る頃になると、あちこちから、例の男の所へ行こうとする女がいるらしい、ということで噂が立った。
そんな状況下で、この女の兄が急遽、女をどこかへ連れ去るべく迎えにやって来た。
そこでこの女は、召使いに楓の紅葉を拾わせ、歌を詠んで(!訳者注!この「歌をよみて、」の後に「書きつけておこせたり」とあるが、これは迂闊な書き間違いの蛇足。これを付け加えると「紅葉に書いて、男のもとへ送った」となってしまい、後続部の「かしこより人おこせば、これをやれ=あの男の方から使いを寄越したら、この歌を書いた紅葉を送りなさい」が意味を成さなくなる・・・ので、現代語訳の中からは割愛しておく)
  秋になったらお逢いしましょうと約束しておきながら、それも叶わぬままに、木の葉降り敷くような残念な縁だったようですね、あなたと私は  
と書き置いて、「あの男性の所から使いの人を寄越したなら、この歌をさしあげなさい」と召使いに言い置いて、女はその地を去ったのだった。
そうしてそのまま、女の消息は今日まで不明のままである。
幸せなのか、不幸せなのか、どこへ行ったのかもわからない。
例の男の方はというと、天に向かって普通と逆向きの柏手を打ってこの女のことを呪いながら暮らしているという話である。
気味の悪い話で、人の呪いの文言は、相手の身の上に効き目を及ぼすものだろうか、効き目などないのだろうか。
「もうすぐその答えは出るだろう」と例の男は言っている、との話である。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========