伊勢物語097)四十の賀

伊勢物語097)四十の賀
 昔、堀河の大臣と申す、いまそかりけり。四十の賀、九条の家にてせられける日、中将なりける翁、
  桜花散りかひ曇れ老いらくの来むといふなる道まがふがに  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語097)四十の賀
 その昔、堀河の大臣(藤原基経)という人がおられた。
四十歳の祝賀会を九条の邸宅で挙行された日に、中将だった老人(在原業平)がこんな歌を詠んだ。
  桜の花びらよ、盛んに散り乱れてその花吹雪であたり一面曇らせておくれ、老いがひたひたと歩み寄るとかいう四十路の祝賀の宴で、その通い路が花吹雪に曇ってよく見えずに、老齢がどこかへ消えてしまうように  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========