伊勢物語098)梅の造り枝

伊勢物語098)梅の造り枝
 昔、おほきおほいまうちぎみと聞こゆる、おはしけり。仕うまつる男、九月ばかりに、梅の造り枝に雉をつけて奉るとて、
  わが頼む君がためにと折る花は時しもわかぬものにぞありける  
とよみて奉りたりければ、いとかしこくをかしがり給ひて、使に禄給へりけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語098)梅の造り枝
 その昔、太政大臣(藤原良房)という方がおられた。
このお方にお仕えする男が、陰暦の九月頃、造花の梅の枝にキジの鳥を付けて送る際に、
  私が信頼する御主君のために折り取った梅の花は、秋だというのに雉(キジ=「ときしも」と「と雉も」の強引な掛詞)まで乗せて、季節も何もない感じですが、それと同様、私の忠誠心も時が経とうと変わらぬもの。御主君の変わらぬ繁栄をお祈り申し上げる思いで常におります  
と詠んで献上したところ、主君はこれをたいそう面白がって、贈答の使者に褒美を与えたのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========